お肌を若々しく見せるポイントとは

年齢サインに気付いたらすぐ行動することが大切

目元は年齢を表すポイントになる

目は口程に物を言うという表現は、目を見れば何を言いたいのかわかってしまうということを表しています。
しかしこの言葉は肌や年齢にも該当してしまうことでもあるのです。
私たちは人と会った時、また話をするときに人と目を合わせます。
目を合わせると言っても瞳を見つめるだけでなく、まぶたの動きや目元の形、肌の印象などを無意識に見ているのです。
そうしてその人の印象を記憶しています。
年齢を知らずに話をしていても、目元の印象でその相手がだいたい何歳位だろうと想像しています。
ですから実際の年齢を聞いて驚くことも多々あるのです。
私たちの顔の皮膚は身体と比べても薄くなっていますが、とくに目元の皮膚はより薄いため、紫外線や乾燥など様々な刺激を受けるとシワやしみ等が生じやすいデリケートな部位。
目元に年齢が出やすいのもこうした皮膚の薄さによるものなのです。

デリケートな目元は優しくケアして

身体の中でもより皮膚の薄い目元はちょっとした刺激に影響されやすい部位です。
シミや小じわがでやすいのは目の周りに多いもの。
実際、加齢による肌トラブルをアンケートしても目元の小じわ、シミなどを挙げる方は多くいます。
目元をケアするには、まず目元の肌が薄いことを理解したケアが大切です。
例えば化粧水やクリームを浸透させる際には指で撫でつけて肌に浸透させることが多いことでしょう。
この指でなでつける行為も刺激になることがあります。
力が入りやすい人差し指よりも、目元のケアでは中指や薬指で優しくポンポンと押さえるように浸透させてあげることが大切です。
とくに目元に年齢サインが出始めた年代の方は、アイクリームが必須。
アイクリームは目元に栄養を与え、乾燥を防止して目元の肌の保湿に効果的で目元の印象をより良くすることが期待できます。


この記事をシェアする